肩の痛み・肩こり

【順漢堂整骨院】のスッキリする肩こり治療とは?

肩こり治療

  • ひどい肩こりで頭痛を伴う
  • 慢性的な痛みなのであきらめている
  • 肩が痛くてあがれない
  • 眼精疲労がひどい

肩こりの原因は?

首や肩、背中の筋肉が疲れてきます

デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたり体が歪んでくると、首や肩、背中の筋肉が疲れてきます。
 そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。 運動をたくさんして足がパンパンで血液がうまく回らない感じに近いですかね。また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質を溜め込む原因となります。
このような筋肉の疲れや体の歪みが筋肉のハリやコリ、ダルさなどの症状を引き起こす要因になっています。

肩こりを放置していると・・・

こわばった筋肉が血管を圧迫すると血行不良となり、コリがひどくなります。末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれ、頭痛が生じてきます。中には、副交感神経が圧迫されることにより様々な自律神経の症状を引き起こす原因にもなります。

頭部、顔面の症状

首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労を生じやすくなります。
コリや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、気分が悪くなったりします。

首、肩の症状

頚椎後方にある脊椎関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、首の後ろから背中、時には胸の前方に痛みやこり、だるさ、違和感が生じます。

腕、手の症状

肩から手、指先までの痛み、しびれなど、正座をした時のようなビリビリ痺れる感じが起こることもあります。

肩・首痛が改善しない・悪化する理由

肩・首痛は、肩だけ揉んでも良くなりません。
なぜなら、マッサージは一時的に楽にはなりますが、肩周りの筋肉が緊張する原因を解決することができないからです。また、肩・首痛を放っておくと筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。
その状態が続くと、神経や血管が圧迫され、頭痛を引き起こすようにもなります。

  • ∙ 頭痛がある
  • ∙ 長時間のパソコン、デスクワーク・・・
  • ∙ 車の運転がつらい・・・
  • ∙ メガネが重く感じる・・・
  • ∙ 腕があげにくい・・・

肩こりの治療法

筋肉のバランスを整える

肩こりの場合でも、全身をチェックします。
なぜなら、痛みの原因は肩だけではありません!その土台である骨盤・背骨から正さないと痛みは改善しないからです。
骨盤矯正によって骨盤を正しい位置に戻し、その周りの筋肉のバランスを整えていきます。また、姿勢を改善するストレッチなどを行います。

マッチ・ザ・ベストの治療を施せる!

順漢堂整骨院では柔整マッサージに加えストレッチ、そして姿勢矯正を合わせて行うことで、筋肉の柔軟性を取り戻します。頑固な症例には鍼治療も行っているので患者様にとっての「マッチ・ザ・ベスト」を探して根気よく続けることで肩凝りは治ります。

なぜ、その施術法が肩こりに良いの?

痛みの早期解消し筋肉の柔軟性を取り戻す

身体のゆがみを調整することで、痛みのある部分への負荷が減ると共に、身体の自然治癒力が高まり、良い状態を保てるようになります。
例えば、左の首が凝っている人の場合で、肩の高さが左右で違う場合、肩の高さが高い方に首が倒れる傾向になります、それに加えて骨盤は逆側が下がっていたりします。
つまり、体は自然とバランスの悪いのをカバーしようとして、やじろべーのように逆に揺れてバランスを取ろうとします。 首の調子の悪さや肩こりは、痛い部分だけではなく、骨盤やほかの部位のバランスの悪さにも一因があることが多いのです。

順漢堂整骨院では柔整マッサージに加えストレッチ、身体の骨格を根本から調整することで、痛みの早期解消し筋肉の柔軟性を取り戻します。

その治療を受けるとどうなるのか?

骨格矯正をお勧めする大きな理由の一つは、「即効性が高いこと」です。
つまり、治療後すぐに体の変化を体感していただけます。「来院するまで感じていた不快な痛みが取れた」と言われる方が多いです。
次の理由としては、「治療効果の持続時間が長いこと」です。治療によって楽になられた方が、その後元の状態に戻らないように、骨格のバランスを整えるので、楽な時間を長時間感じていただけます。 部分的なマッサージだけで解消しない肩こりの方にこそ、受けていただきたい施術です。

肩こりの治療の流れ

  1. 温熱療法、柔整マッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
  2. 柔整マッサージでは届かない深部にある筋肉に硬さが残る場合はストレッチ、鍼治療を行います。
  3. 上半身に左右差、前後差が見られる場合は矯正治療を行いバランスを整えます。
  4. 自宅や職場で簡単にできる肩凝り体操をご指導いたします。
  5. 症状の変化(筋肉の硬さや姿勢)が見られるまではコンスタントに治療を続けます。

肩こりの治療間隔

最初は少なくとも週3回以上

多くの患者様は施術後に「楽になった」と喜ばれますが、再び筋肉が硬くなり苦しくなるまで次の治療をせず我慢してしまいます。「元に戻った」と来院され治療を受けられるのですが、これでは前回の治療のやり直しをしたに過ぎません。同じところを行ったり来たりで「治らない」といって治療をやめてしまう方がほとんどです。肩の筋肉の頭を支えるという仕事に休みがない以上疲れが出ないということはあり得ません。今までの貯金も多くあるわけですから、最初は少なくとも週3回以上は行うことが理想です。

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県市川市のJR沼津駅から徒歩2分、055‐939-6666
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る